200904|アドリブ月誌

TOYO LIVING
タイトル
2009年4月

東北で寒いというイメージの仙台。ところが実際にはそうでもなく、4月初旬の仙台は花盛りでした。

※ 本ブログの画像転載、文章の転載を固くお断りいたします。

仙台は花盛り                           09/4/10

 こんにちは、阿部秀之です。仙台に行って来ました。今年初めての仙台です。仙台と言えば東北の玄関。まだ寒いだろうと思って、マフラーと皮のジャケットを旅行鞄に詰めて向かったのですが、東京とほとんど変わらない気候でした。コートを着ている人は珍しいくらいです。東京の桜は散っている最中ですが、仙台はちょうど咲いたところで、今週末4月12日ぐらいがお花見に良いでしょう。公園に行ってみると桜だけではありません。いろいろな花が咲いています。道路の緑地帯も花がいっぱいです。仙台は自然にあふれ、なおかつ都会という素晴らしい環境です。

さて、仙台には古くからの友人がいます。もう20年以上の付き合いです。元々はミノルタカメラ販売の仙台営業所のメンバーでした。当時、仙台営業所は東北6県を担当していて、あちこちで撮影会や写真教室を開催し、私を講師に呼んでくれました。しかし、ミノルタがコニカミノルタになり、カメラ事業をソニーへ譲渡してしまったため、現在はそれぞれ別の仕事に就いています。いまでもカメラ関係の人もいれば、まったくちがう仕事に就いている人もいます。私が仙台に行くことを知らせると、3〜4人が集まってくれます。仙台の美味しいものを食べて、昔話に花が咲きます。最高に楽しい一時です。仕事で知り合った人は、仕事の担当が替わるとパッタリ会わなくなる人もいます。それはそれで仕方がないのですが、仕事の関係が無くなっても会って一緒に笑える。そんな彼らを最高の友人だと思っています。これからもずっと大切にしたいですね。子供の頃、「大人になるとなかなか友達はできないよ」と言われた記憶があるのですが、そんなことはありませんね。それを左右するのは、真っ直ぐに向き合えるかどうかではないでしょうか。といったところで、また来月!