200911|アドリブ月誌

TOYO LIVING
タイトル
2009年11月

代々木公園のイチョウです。昨年写したものです。
今年はまだこれほど色づいてはいませんが、あと1週間もすると綺麗に染まると思います。

※ 本ブログの画像転載、文章の転載を固くお断りいたします。

イチョウの木                           09/11/9

 こんにちは、阿部秀之です。10月の後半は、札幌と沖縄の仕事がありました。札幌に行ったら、もうすっかり紅葉は終わっていました。もう冬のような曇天で、コートがないと寒いくらいです。このところ、札幌はあまり天候が良くないそうです。ところが、その数日後に沖縄に行くと、まだまだ半袖。台風も迫ってきていて、夏の名残がありました。地図の上では小さい日本ですが、こんな経験をすると、日本もなかなか広いじゃないかと嬉しくなります。

さて、東京でもすっかり秋めいてきました。この時期に気になることと言えば、やはり紅葉です。東京にはイチョウの木が多いです。街路樹もほとんどがイチョウなのですが、これはイチョウが排気ガスに強いからだと思います。ちなみに都道府県には、それぞれシンボルとしての木が定められています。東京はイチョウです。神奈川も大阪もイチョウです。やはり大きな都市では、必然的に丈夫なイチョウになるのでしょうか。

イチョウは、誰もが知っているように、紅葉すると綺麗な黄色になります。黄色は青空との対比が美しいです。また葉が落ちた後の黄色い絨毯も、イチョウの木ならではの楽しみです。私が以前に飼っていたペットのプレーリードッグは、この絨毯の上を走り回るのが大好きでした。フカフカとした感触が気に入っていたのかも知れません。この秋に旅行に行かれた方もたくさんいると思いますが、旅行に行かれなかった方、あきらめるのはまだ早いです。遠くに行かなくても秋の写真を撮ることはできます。身の回りの小さな秋を撮ってみてください。では、また来月!