201107|アドリブ月誌

TOYO LIVING
タイトル
2011年7月

暑い日は炭酸入りのミネラルウォーターがオススメ。硬水で炭酸が入っているので、
ものすごく喉ごしが良い。ドレスデンのカフェにて。

※ 本ブログの画像転載、文章の転載を固くお断りいたします。

炭酸入りミネラルウォーターのススメ                11/7/14

 こんにちは、阿部秀之です。梅雨明けしましたね。といっても今年の梅雨は少し変わっていました。九州では大雨になりましたが、関東でははっきりしない天気は続いたものの、まとまった雨は降っていません。なんとなく梅雨明けしてしまったという感じです。それでも梅雨明けしてからはずっと晴天が続いているので、この先の水不足が心配です。それに節電もしなければなりませんから、今年の暑さ対策は工夫が望まれます。すでに何人もの方が熱中症の犠牲になっています。熱中症にならないようにするには、水分補給が大切だといいます。お互いに気を付けましょう。

 ところで、日本では水道の水が安心して飲めることから、わざわざビンやペットボトル入りのミネラルウォーターを買ったりはしませんでした。ミネラルウォーターを買う習慣が定着したのは、20年ぐらい前からでしょうか。この夏は原発の放射線問題で水道水に不安を持つ人が増え、ミネラルウォーターがさらに注目を集めています。そこでオススメなのですが、炭酸入りのミネラルウォーターを試してみませんか。慣れるととても美味しいのです。ヨーロッパでは「ガス入り」のミネラルウォーターといいます。海外ドラマのエルキュールポワロでは、ガス入りのミネラルウォーターを飲むシーンが頻繁に登場します。

 実際にヨーロッパのカフェやレストランでは、ガス入りを頼む人の方が多いようです。私もガス入りの方が好みです。ヨーロッパの水は、ミネラルウォーターでも硬水です。さっぱりとした口当たりの硬水と炭酸の組み合わせは、抜群の切れ味です。味の濃い料理のとき、ワインの口直しなどにガス入りの水はピッタリです。

 いま日本で安価に手に入るのは、イタリアのサンペリグリノでしょう。ちょっと高級なのはフランスのバドワ。どちらも通販で購入できます。そういえば、まだ日本でガス入りのミネラルウォーターが手に入らなかった時代に、ヨーロッパを思い出してウイスキーを割る炭酸水をそのまま飲んだことがあります。あれほど美味しくない水はないですね。似ているようですが、まったく異なるものでした。いまとなっては懐かしい想い出です。では、また来月。