201205|アドリブ月誌

TOYO LIVING
タイトル
2012年5月(1)
2012年5月(2)

GWの前の週に行った宮古島。私は宮古島が
大好きで、頻繁に訪れている。立派な観光施設
などはないが、その素朴さがいいのだ。

GWに写真仲間で千葉の銚子に出掛けた。
あいにくの雨だったが、おかげで新緑が綺麗。
しっとりとした写真が撮れた。

※ 本ブログの画像転載、文章の転載を固くお断りいたします。

GWはいかがお過ごしでしたか?                  12/5/10

 こんにちは、阿部秀之です。今年のGWは天候が安定していなかったので、スケジュールによって明暗が分かれたかもしれません。私はGW前に5日間ほど、宮古島に行ってきました。沖縄地方は例年GW明けから梅雨入りするのですが、今年はGW前から天気はいまひとつで、GWには梅雨入り宣言が出されてしまいました。私も1日だけ雨に降られました。それでも翌日にはスカッと晴れたので、明るい写真を撮ることができました。南国の宮島といえども、いまの時期だとまだ泳ぐには早いです。海岸で水遊びをするぐらいなら十分ですが。

 宮古島は、沖縄本島や他の八重山諸島と1点だけ大きくことなることがあります。それは、宮古島だけハブがいないことです。理由は諸説あるようですが、大昔に津波に襲われたとき、高い山がなく逃げられなかった宮古島だけハブが絶滅したと言われています。確かに宮古島は平坦で山や谷のようなものはほとんどありません。おかげで宮古島では、草むらなどに安心して入ることができます。撮影にはありがたいです。

 GW中はほとんど家にいたのですが、1日だけ写真仲間と千葉の銚子に行きました。全員がブローニーフィルムの愛好家で、ブローニーフィルムを使うカメラを持ってくることが参加資格です。当日はあいにくの雨でしたが13人が参加して楽しい1日を過ごしました。銚子で食べた金目鯛の煮付けは、いまでも味が思い出されるほど美味しかったです。銚子には銚子電鉄というローカル線があります。住民には必要不可欠な電車ですが、乗客数は限られていますから経営はなかなか大変なようです。車両もあちこちで走って現役を引退したものを再利用しています。私は電車にはまったく詳しくないのでわからないのですが、写真に撮ったものは京王線で使われていたもので、ニックネームは青ガエルというそうです。新緑の中を走る青ガエル。なかなかさまになっています。鉄道写真ファンの気持ちがちょっと感じられたデイトリップでした。

 本州の梅雨入りも目前に迫っています。東洋リビングのオート・ドライでしっかり梅雨対策してくださいね。では、また来月!