201210|アドリブ月誌

TOYO LIVING
タイトル
2012年10月(1)
2012年10月(2)

知人宅。六本木の高層マンションからの夕景。
これは綺麗だ。

銀杏。すっかり秋だね。

※ 本ブログの画像転載、文章の転載を固くお断りいたします。

秋に思うこと                          12/10/17

 こんにちは、阿部秀之です。この数日で急激に秋らしくなってきましたね。札幌からは、とうとう今朝はストーブに火を入れたよという連絡がありました。

 さて、古くからの知人が六本木に住んでいるのですが、そのあたり一帯が高層マンションになり、知人もその一室に住んでいます。30階という高層階です。景色が綺麗だから遊びにどうぞと誘われ行ってきました。東京タワーが目の前です。夕陽が沈んで次第に青く染まっていく空間と、キラキラと輝く街明かりの対比は素晴らしいものです。すべてがミニチュアのように感じられ、東京が箱庭になったみたいでした。我が家は5階建ての4階ですから目の前は電線ぐらいです。ご本人は、毎日見ているとたいしたことないと言っていましたが、貴重な体験でした。

 秋らしくなってきたので、焼き鳥屋で銀杏をいただきました。銀杏を見ていたら、昨年の10月に仙台に行った時のことを思い出しました。仙台市内の公園で撮影会をしたのですが、足元には銀杏がびっしり落ちていました。なぜ、誰も拾わないの?と聞くと、いつもは拾うんだけど、今年は放射能が恐いからという返事でした。そうかぁ。もったいないな。偶然にも今週末に仙台に行きます。おそらく今年も銀杏を拾う人はいないでしょう。一刻も早く元の安全な街の姿に戻してもらいたいものです。

 季節の変わり目は体調を崩しやすいですからご自愛ください。では、また来月!