201302|アドリブ月誌

TOYO LIVING
タイトル
2013年2月(1)
2013年2月(2)

賑わっている東洋リビングブース。
空気の浄化は緊急を要するテーマだ。

庫内灯を備えた120リットルのオートクリーンドライ。これは便利だ。発売が待ち望まれる。

2013年2月(3)

キャビネットがオールステンレス製のタイプは
参考出品。キラキラと輝いていた。

     ※ 本ブログの画像転載、文章の転載を固くお断りいたします。

CP+2013の報告です!                      13/2/12

 こんにちは、阿部秀之です。先週、恒例のCP+が終了してホッとしているところです。今年も4日間、多くの方にご来場いただきました。東京だけの開催なので、行けなかったという方も多いと思います。せっかくですから東洋リビングブースの様子を写真で紹介しましょう。

 東洋リビングブースでは、オートクリーンドライ、モバイルドライボックス、ハードケース、光る歯ブラシ「ベルデンテ」などを展示していました。特に光照射式対流型光触媒を利用したオートクリーンドライは大変好評のようでした。レンズ、カメラ本体、メディア等の品質保持や防湿対策に最適です。
 参考出品としては、LED庫内灯を装備している120リットルのオートクリーンドライがありました。これは冷蔵庫のドアを開けるとランプが点灯するのと同じように、ドアを開けると連動してLED庫内灯が点灯し、閉めると消灯します。実際に触ってみたいのですが、なぜいままでなかったのかと思うくらい便利でした。発売が待ち望まれます。
 また、キャビネットがオールステンレスのタイプも80リットルと120リットルの2種類が展示されていました。私はちょっと厨房をイメージしてしまいました。スタイリッシュなので、モノトーンでまとめた部屋に似合うと思います。こちらの発売は未定だと聞きました。

 さて、いかがだったでしょうか。空気の浄化が緊急の課題となっています。オートクリーンドライにますます期待が高まります。今年はまだまだ寒い日が続いていますが、そろそろ梅がほころんでくる頃です。私は春が待ちきれないので、沖縄に行こうと計画中です。では、また来月!