201402|アドリブ月誌

TOYO LIVING
タイトル
2014年2月(1)
2014年2月(2)

旧岩崎邸の外観。
明治29年に建てられた洋館です。
管理が行き届いていて素晴らしいです。

通常は内部は撮影禁止ですが、2月28日(金)まで
特別に撮影が許可されています。
チャンスですよ。

※ 本ブログの画像転載、文章の転載を固くお断りいたします。

CP+と旧岩崎邸 お出かけ情報♪                  14/2/12

 みなさん、こんにちは。阿部秀之です。
すでに東洋リビングのHPで紹介されていますが、2月13日(木)から4日間、パシフィコ横浜にて「CP+(カメラ&フォトイメージングショー)2014」が開催され、東洋リビングも出展します。今回はカメラやレンズだけでなく、ジュエリーや食品などの保管に最適な「オートクリーンドライ ミニドライシリーズ」、ベストセラーの「オートクリーンドライ」、また「モバイルドライ」、「モバイルドライボックス」、「ハードケース」、光る歯ブラシ「ベルデンテ」。さらに新製品も展示予定です。東洋リビングのブースナンバーは「A−07」です。ぜひご来場ください。

 私はニコンとタムロンのブースで毎日2回ずつ講演があります。詳しくはニコンとタムロンのHPをご覧ください。また15日(土)12:20〜13:20には、CP+のエンジョイフォトステージにも出演します。こちらは入場に関して注意事項がありますので、HPをご覧ください。http://www.cpplus.jp/seminar/enjoy-photo.shtml

 ところで先日、CP+で見ていただく写真を撮りに湯島にある旧岩崎邸庭園を訪ねました。坂本竜馬で有名になった岩崎彌太郎の長男で、三菱第3代社長の久彌の本宅として建てられた洋館です。現在は重要文化財の指定を受け、有料で見学することができます。通常は内部の撮影は禁止なのですが、2月28日(金)まで2階部分のみ撮影可能になっています。私もこのニュースを聞きつけて行ってきたのです。三脚は使用できないなどの制約はありますが、とても素晴らしい洋館なのでお勧めです。こちらもHPで確認されてから行かれるとよいでしょう。
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index035.html

 旧岩崎邸から数分のところにある湯島天神の梅が、そろそろ見頃を迎えている頃です。私が行った時にはまだ3分咲きといったところでしたので。今年は関東でも大雪に見舞われ、まだまだ寒い日が続きますが、春はすぐそこまで来ています。そろそろ身体を動かす準備をしましょう。では、また来月!