201407|アドリブ月誌

TOYO LIVING
タイトル
2014年7月(1)
2014年7月(2)

札幌「またつ」の定番 塩水ウニです。
このままいただきます。

待望の新製品
「オート・ドライ小型シリーズ AD‐80」

※ 本ブログの画像転載、文章の転載を固くお断りいたします。

北海道はウニのシーズンです! そしてお煎餅は湿気っていませんか? 14/7/11

 こんにちは、阿部秀之です。まだ7月初めだというのに、歴史に残る大きな台風でしたね。驚きました。といっても私は札幌にいたので、テレビで凄まじい映像を見ていただけです。札幌は小雨がパラついた程度でした。台風は被害が集中しやすいので危険ですね。土石流があった南木曽は、高校時代に写真部の合宿で毎年訪れたところです。被害に遭われた地域の早い復興を願っています。
 さて、札幌に来てもう1週間が過ぎようとしています。今の時期はウニがシーズンです。生でそのままいただくのですから鮮度が重要です。ウニの古くからの保存法としてミョウバンがあるのですが、ミョウバンにつけてしまうと、まったくちがう味になってしまいます。塩水ウニといって海水と同じ濃度の塩水に使っているものがおススメです。私が気に入って通っている札幌の「またつ」という店のご主人に聞いたのですが、ウニを入れた塩水は輸送中に古くなってしまうので、到着時に交換する塩水も同梱されて運ばれて来るのだそうです。やはり本当に美味しいものは手間がかかるのですね。

●魚彩酒家 またつ
 北海道札幌市中央区大通西15丁目  ニューライフ大通弐番館1F
 TEL 011-616-0077
 予約のある分だけ「活」の食材を仕入れる店です。
 いきなり行っても食材がないのでご注意ください。
http://chachamaru.cocolog-nifty.com/matathu/

 ところで、梅雨の時期に家をしばらく空けていると気になることがあります。それは札幌に来る前にお中元にいただいたお煎餅とクッキーです。またまた食べることですみません。果たして湿気ってしまっていないでしょうか。実はうちは大丈夫なのです。東洋リビングのオート・ドライには、お菓子や海苔など乾燥させておきたい食品用の小型シリーズがあるのです。キッチンに置くのにピッタリな清潔感のあるデザイン。サイズも3種類あります。気になるお値段も手ごろです。オート・ドライに食品を収納するようになってから、封を開けてしまったお煎餅やポテトチップもずっとパリパリです。ジメジメとした梅雨時にこんな気分のいいことはありません。ただ、1本モノの鰹節のような匂いの強いものはNGです。オート・ドライの内部に匂いが染みついてしまうのです。まだまだ続く長い梅雨。オート・ドライで快適にお過ごしください。では、また来月!