201507|アドリブ月誌

TOYO LIVING
タイトル
2015年7月(1)
2015年7月(2)

昨年12月に生まれたメスの小熊です。
名前はまだ決まっていなくて、募集中です。
元気いっぱいにやんちゃぶりを発揮しています。

お母さんのララがプールに誘いますが、
嫌がって入りません。甘えているようにも、
からかっているようにも見えます。

2015年7月(3)

小熊の泳ぎは上達していて、飛び込みも
得意です。何度も繰り返して遊んでいます。
お母さんのおかげで泳ぎが上手になったのです。

     ※ 本ブログの画像転載、文章の転載を固くお断りいたします。

札幌 円山動物園のホッキョクグマ                  15/7/15

 こんにちは、阿部秀之です。今年の梅雨は、いつも以上に梅雨らしい日が続いていますね。しかも、梅雨のうちからトリプル台風が発生。そのひとつは、今週末にも本州を縦断する気配です。沖縄、九州などをはじめ、雨の多い地域のことも気になります。雨が多いと撮影の仕事にも影響があります。私はしばらくの間、梅雨のない札幌に行っていました。

 夏の札幌といえば蟹!ウニ!メロン!と美味しい食べ物が盛りだくさんですが、もうひとつ忘れてはならないものがあります。このアドリブ月誌でも何度も取り上げてきました、円山動物園のホッキョクグマの赤ちゃんです。毎年必ずいるわけではありませんが、昨年2014年12月に生まれたので
今年はいます。

 お母さんの名前はララ。これまでにも双子を含めて7頭を出産している子育てのベテランです。私はホッキョクグマの生態は詳しくないのですが、ララが泳ぐことをとても大切に考えているのはよくわかります。自らプールに入って小熊を誘います。小熊が入ってくると遊びながら沈めたりします。小熊は嫌がりますが、泳ぎをマスターさせるためにやっているのは明白です。

 ただ、小熊も半年も経っていると次第に知恵がついて、ララがいるときにはプールに入りたがらなくなります。それをさらに誘うララ。この駆け引きも楽しいのです。プールから離れて、ひとりで遊ぶ
小熊。ララは周囲を警戒して見渡しています。すべてが野生で生き抜くために自然と身に着いたものでしょう。野生の力とは素晴らしいものだと感心します。

 もうじき梅雨明けの時期です。今年も猛暑が予想されています。熱中症などに注意しながら乗り切りっていきましょう。
では、また来月!