201602|アドリブ月誌

TOYO LIVING
タイトル
2016年2月(1)
2016年2月(2)

もっともポピュラーなタイ料理といったら
トムヤンクンですが、これは日本のラーメンを
意識してアレンジしているそうです。
海老を串刺しにするのは珍しいです。

大きなプーケットロブスター。
活きているのを調理してもらいました。
さすがに高価ですが美味しいです。

2016年2月(3)

アユタヤ産の川海老です。
日本の居酒屋で出てくる川海老と同じ形ですが
大サイズです。

     ※ 本ブログの画像転載、文章の転載を固くお断りいたします。

タイ料理の話                            16/2/19

 こんにちは、阿部秀之です。先月に続いて、タイ料理の話をしたいと思います。タイでとても多く食べられている食材のひとつに海老があります。酸っぱくて辛いスープの「トムヤンクン」は有名です。トムは「煮る」、ヤムは「混ぜる」、クンは「海老」のことです。おそらく、タイにいて海老を食べない日はないと思います。タイで海老の王様といえば、プーケットロブスターでしょう。ロブスターといわれていますが、ハサミはないので伊勢海老の仲間だと思います。海に囲まれたプーケットといえども高価な食材ですが、日本で食べることを思ったら安価です。
ところで、一般に海老というと海にいる海老を想像しますが、タイには川にいる海老もあります。日本でも居酒屋で唐揚げで出てくる、手が長い川海老です。ですが、タイの川海老は日本の川海老と比べたら大きいです。ザリガニぐらいはあると思います。バンコクから1時間ほどクルマで走ったアユタヤという古都があるのですが、ここを流れている川で獲れます。

 もうひとつ、食材というとちょっと違いますが、パクチー(コリアンダー)は目に付きます。実にいろいろなものに入っています。独特の香りがあるので嫌いな人もいると思います。当然のように、海老とパクチーが両方入ったものも多いです。トムヤンクンもそうですね。もし、海老とパクチーが嫌いだったら、タイでの生活はかなり厳しいものがあると思います。
私は、今はパクチーが大好きなのですが、以前は食べられなかったです。ふと、なにかの拍子に食べられるようになりました。今となっては覚えていませんけど。パクチーが嫌いな方、あきらめずに試してみてください。

 さて、来週からCP+(カメラ&フォトイメージングショー)2016が始まり、東洋リビングも出展します。2016年2月25日(木)〜2月28日(日)まで、パシフィコ横浜で開催されます。
東洋リビング ブースナンバーは「A‐17」です。新製品のウワサもありますので、ご期待ください。
また、今回は2月26日(金)〜2月28日(日)まで、同会場内アネックスホールにてフォトアクセサリーアウトレットが初めて開催されるので、こちらにも出展します。
入場事前予約など、詳細はCP+オフィシャルサイト http://www.cpplus.jp/ をご覧ください。

 私は、例年通りにニコンとタムロンのステージに毎日出演します。また27日(土)には、事務局の主催するエンジョイフォトステージも担当します。ご多忙の時期と存じますが、CP+にお立ち寄りいただければ幸いです。では、また来月!