201605|アドリブ月誌

TOYO LIVING
タイトル
2016年5月(1)
2016年5月(2)

柵の役割は川側に入れないようにすることです。
その機能を追求しながらも、アーチの中に
孔雀が羽を広げたようなデザインを施し、
美しさを両立させたのは素晴らしいです。

絵本に出てくるおとぎの国の建物のようです。
でも実在します。
きっと地元では有名なのでしょう。
手入れの良さに感心しました。

     ※ 本ブログの画像転載、文章の転載を固くお断りいたします。

今月は岡山からです!                       16/5/17

 こんにちは、阿部秀之です。いよいよ本格的に暖かくなって新緑が美しいですね。
さて、岡山に来ています。家を出るとき東京は雨でしたが、岡山はカラッと晴れています。旅行ではなく仕事です。それでも、今のようないい季節に出掛けられるのは楽しいものです。みなさんは岡山と聞いて何を思い出しますか? 後楽園、桃太郎、倉敷の美観地区。食いしん坊だったら、ままかり、きびだんご、祭り寿司。ぶどうや桃などの果物も有名です。シャコ(蝦蛄)となるとかなりの食通ですね。

 岡山は3年置きくらいには訪ねています。その度に街が立派になるので驚きます。特にJRの岡山駅はすごいです。駅ビルだけでなく大きなショッピングセンターができていました。駅からけっこう離れているのですが、地下街でつながっています。新幹線の駅は名古屋、京都、大阪と、どこも立派になりましたが、岡山は目を引きます。昔の味のある建物に比べると味気ない気持ちもしますが、地元の人にしたら便利になったわけですし、誇らしいでしょう。岡山はよく広島と比べられます。長年、広島の方が大きくて都会だと言われてきましたが、岡山も十分に対抗できるほどになりましたね。

 駅から県庁を目指して歩くと、ところどころに昔ながらの町並みが残っています。倉敷の美観地区ほどではないのですが、小川も流れていて雰囲気があります。この辺りを散歩するのが好きで、今回も何枚かスナップを撮りました。特に気にいった1枚は、小川にかかる平和橋のたもとで見つけた柵です。昔のものがそのまま残されています。なんと美しいデザインでしょう。斜めからの光が良かったので、浮き立つように立体的に撮れました。これからも残してほしい場所です。柵の先で、またまた面白い建物を発見しました。これだけ綺麗にツタが絡まっているのは偶然とは思えません。洒落っ気のあるビルの持ち主が綺麗に手入れをしているのでしょう。こんな小さな発見が楽しいです。カメラはスマホではなく、ミラーレスです。旅行ではなくてもせっかく出掛けるのですから、ちょっといいカメラを持ちましょう。それもまた気分が変わって良いものです。

 新緑が美しいという一方で、沖縄や奄美王島、鹿児島は早くも梅雨入りしたとも聞いています。本州の梅雨入りも時間の問題です。天気の良い間に出掛けてみましょう。では、また来月!