201612|アドリブ月誌

TOYO LIVING
タイトル
2016年12月(1)
2016年12月(2)

上野動物園のプレーリードッグです。
冬毛なのでフカフカで丸々としています。
逆光だと輝くので、より美しく見えます。

プレーリードッグは仲間意識が強く、
仲間同士を確認しあうために抱き合ったり
キスをしたりします。この仕草が可愛いのです。

     ※ 本ブログの画像転載、文章の転載を固くお断りいたします。

年末ですね。今年はどんな年でしたか?              16/12/19

 こんにちは、阿部秀之です。今年もいよいよ残り2週間を切りました。今年はどんな年でしたか?
熊本の震災など大変なことも多かったですが、オリンピックのメダルラッシュなど嬉しいこともありました。私は10月に開催した写真展が予想以上に大入りで、充実した年になりました。

 さて、先週のことです。もう、かなり前にチケットを購入したのに、なかなか行かれなかったゴッホとゴーギャン展を観に上野へ行ってきました。とても良かったです。ゴッホのヒマワリは、ゴーギャンを招くのに飾るための絵だったのですね。初めて知りました。ちなみに、東京展は19日(日)に閉幕しました。来年1月3日からは愛知県立美術館で開幕する予定です。

 上野に用があったら、必ず立ち寄る場所に動物園があります。会いたい動物がいるのです。プレーリードッグです。プレーリードッグはリス科ですが、木には登らずに北米の草原地帯(プレーリー)に穴を掘って巣をつくり、群れで生活します。体長30〜35pほどになり、犬のようにキャンキャンと鳴きます。そのため草原の犬、プレーリードッグと名付けられたのです。

 今の時期になると、プレーリードッグは毛足の長い冬毛に生え変わっていて、フカフカとしています。逆光だと輪郭が輝いて美しいです。仲良く草を食べる仕草は穏やかです。手先が器用で、食べ物は持って食べます。仲間意識が強く、仲間同士を確認しあうために、抱き合ったりキスをしたりします。動きはどこかコミカルで人間的です。あちこちの動物園にいますから、訪ねてみてはいかがでしょう。きっと穏やかな気持ちになれますよ。それでは良いお年をお迎えください。また来年!