201712|アドリブ月誌

TOYO LIVING
タイトル
2017年12月(1)

フィッシュアイで撮った神戸ルミナリエです。
終り間際に行ったので人は少なく、荘厳な空気が流れていました。

2017年12月(2)
2017年12(3)

15年ぶりに会った知人は職人さんになって
いました。備長炭で焼きます。七味唐辛子や
山椒などもいいものを使っていたのが彼らしい。

のんきやの焼き鳥。
つくね、皮、ネギまが評判のようです。
旨い!!

     ※ 本ブログの画像転載、文章の転載を固くお断りいたします。

2017年最後の出張は神戸でした                17/12/19

 こんにちは、阿部秀之です。2017年も残り2週間を切ってしまいました。今年は強い寒波が居座り続けて、いつも以上に寒いですね。インフルエンザも流行っているようなので、注意しないといけません。そんな中、先週末は神戸に出張でした。カツミ堂という老舗のカメラ店で年末恒例のフェアがあり、メーカーセミナーも同時に開催されたので、ニコンの応援に行ってきたのです。神戸ルミナリエが日曜に終わるタイミングだったので、街はいつも以上に人が多かったような気がします。ルミナリエの公式HPによれば、会期中は339万6千人もの来場があったそうです。

 ルミナリエのHPを読みすすむと、2017年で23回目を迎えたそうです。クリスマスの恋人たちのイベントと思われがちなルミナリエですが、もともとは1995年に起きた阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込め、都市の復興・再生への夢と希望を託して開催されたのが最初です。それ以後は、
震災の記憶を語り継ぎ、都市と市民の希望を象徴する行事として毎年開催しているそうです。あの地震から23年も経つのですね。

 ルミナリエのような長い展示は、望遠レンズの圧縮効果を使って、グッと詰めたように撮るのが王道ですが、今回はフィッシュアイレンズで撮ってみました。もともとが非現実的な展示ですから、こういった表現も面白いかもしれません。調子に乗って夜の街を散歩がてら撮り歩きました。不思議と写真を撮っていると寒さを感じません。

 神戸には美味しいものがたくさんあります。3日間もいたので神戸ビーフ、お寿司、うなぎと、色々いただきました。でも、嬉しかったのは焼き鳥です。15年程前に連絡が取れなくなっていた知人から少し前に神戸で焼き鳥屋さんを営んでいるという知らせが来ていたのです。驚かしてみようと、連絡せずに行きました。ガラガラっとドアを開けて、ひさびさの再会。すっかり職人さんらしくなっていました。カウンターだけの小さなお店です。小ぶりの串を備長炭で焼きます。味は塩しかありません。その塩加減が絶妙で、お世辞抜きで美味しいです。真面目な性格が伝わる味です。
営業は週に3日間で木、金、土のみ。16:30〜20:00(祝日も営業)だそうです。マニアが集まる店なのでしょう。またの再会を約束して店を出ました。お近くの方は寄ってみてください。

●焼き鳥 のんきや
兵庫県神戸市兵庫区西上橘通2-2-6
TEL 078-575-6102
最寄駅 湊川公園駅または高速神戸駅

それでは、また来年お目にかかりましょう。良いお年をお迎えください。