201904|アドリブ月誌

TOYO LIVING
タイトル
2019年4月(1)
2019年4月(2)

ノートルダム大聖堂が火事になった翌日、
私が気に入っているパリのレストラン
「Les Fous de l'Ile」がこのイラストを
ネットに掲載しました。
黒いノートルダム大聖堂。パリ中が、
フランス中が、世界中が悲しんでいます。

エスカレーターが動いている!
日本では当たり前のことですが、
昔のパリを知っているので感激します。
思わず写真も撮りました。

2019年4月(3)

ちょっと明るくなるような写真も1枚。
マドレーヌ教会の近くのビルの谷間には
色とりどりの傘が。
フランスらしいお洒落なディスプレイです。

     ※ 本ブログの画像転載、文章の転載を固くお断りいたします。

パリに行ってきました!                      19/4/18

 こんにちは、阿部秀之です!厳しい寒の戻りがありましたが、ようやく落ち着いてきましたね。
ゴールデンウィークの予定はいかがでしょうか。私はフリーランスですから関係ないのですが、今年はお勤めの方も長期間だと聞いています。国内外へ旅行という方も多いのではないでしょうか。実は私は
ゴールデンウィークを前に、すでにパリへ行ってきました。

 パリといえば、ノートルダム大聖堂の火災が世界中の注目を集めていますが、私がパリを発った日に起こった惨事です。ちょうど、前日も近くを通ったばかりなので驚きました。初めてパリへ行ったのは30年以上も前ですが、そのとき訪ねて以来、何度も足を運んでいるのがノートルダム大聖堂です。
マクロン仏大統領は早い再建を宣言していますし、寄付も集まっているようです。ただ、もうひとつ
気になることは発火の理由です。改修工事中だったので工事の関係では?と言われています。もちろん原因は究明して再発防止をしなければなりません。でも、犯人探しのようになってしまって、個人を特定するのはいかがなものかとも思います。ノートルダム大聖堂を燃やしてしまったという重圧に耐えられる人はいないでしょう。「罪を憎んで人を憎まず」。ぜひ考慮してほしいと願っています。

 さて、海外には頻繁に行きますが、実はパリは最も多く訪れた街です。以前は毎年行っていました。ここ数年、いろいろあって足が遠のいていました。久々だといろいろと変わりますね。ちょっと驚いたのは、故障している機械が少ないということです。以前はパリのエスカレーターといえば、故障しているのが当たり前。動いていたら感激したものです。モンパルナス駅には、終わりが見えないくらい長い動く歩道があるのですが、これもいつも故障中でした。今回は故障中には遭遇しませんでした。また、バスの停留所に行っても驚きました。バスがあと何分で来るかという表示が付いていたのです。全てのバス停ではないものの、これもパリでは画期的といっていいでしょう。パリへ旅行に行かれる方はメトロに乗ることが多いと思いますが、慣れるとバスも良いものです。メトロのように地下のホームまで降りなくてもすぐに乗れますし、スリも少ないです。何よりも、乗っているときに外の景色が見られるのが楽しいです。バスに乗るコツは最初に自分にとって便利な路線1本を見つけることです。ホテルの近くを通るバスがいいでしょう。次に、このバスで行かれる観光ポントを探します。ついで、乗りかえられるバスを探してみます。そうすると自分なりのバスの路線図ができあがります。ぜひ試してみてください。私も最初はそうして覚えました。

 楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。それでは、また来月!