フラットドライ

TOYO LIVING
フラット・ドライ

貴重な美術品は湿害による劣化防止にご注意!

日本には四季があり、夏季は高温多湿に、冬季は乾燥状態になります。このような湿度変化は貴重な
美術品(文化財・古文書・掛軸・絵画・歴史資料)や写真・アルバム・証書・賞状などには大敵です。これらの保管には中湿度(約40〜60%RH)での保管が最適とされています。高湿度の環境では
カビの発生・変色を生じ、低湿度の環境では素材の劣化を引き起こします。

デリケートな弦楽器も湿度変化は大敵!

湿度変化はデリケートな弦楽器にも大敵です。弦楽器の保管には温度20〜24度、湿度50%前後が最適とされています。室内の温度はエアコンや暖房で保つことができますが、湿度は違います。湿度が高い所での保管は、ニカワの剥がれ、カビの発生、変形、金属のサビetc. 様々なトラブルが生じます。逆に、湿度が低い所での保管は、弦楽器本体の木材に過度な収縮ストレスを与え、反りやひび割れなどを起こす事もあります。このように、弦楽器は湿度が高い所に保管しても、湿度が低い所に保管してもトラブルが起きます。

また、湿度変化は楽器を奏でる音にも 大きな影響を与えます。例えば、演奏家が日本で製造された楽器を持って海外に行った際に、いつもの音色が出なかったという事も報じられています。一方、ヨーロッパで製造された弦楽器は、日本と湿度環境が異なる場所で製造されているため、日本の湿度環境が
トラブルの一因になります。ご参考までにパリの湿度は一日のうちでも かなりの湿度の差があります。

年平均湿度 最高月間平均湿度 最低月間平均湿度
東京 62% 73%(7月) 49%(1月)
パリ(朝) 88% 92%(10月) 85%(7月)
パリ(晩) 65% 81%(12月) 51%(8月)

(理科年表より)  

安心して美術品・弦楽器を保管できます!

日本の年間平均湿度は60%以上というカビが発生しやすい気候です。
外気湿度に左右されることなく、一定の庫内湿度を保つことができる全自動恒湿庫《フラットドライ》は美術品や弦楽器を長期間安心して保管することができます。

恒湿庫(500L)データ