推薦|アドリブ月誌

TOYO LIVING
東洋リビングを選ぶ理由

 僕が東洋リビングを選ぶ最大の理由は「信頼」にある。防湿庫は初めて電源をオンにしたときから、休みなくずっと作動し続ける。仕事に行っている時も、寝ている時も、長期旅行で家を空けている時もこの先 何年間もずっと電源はオンのままだ。ちゃんと除湿されているか?長年使い続けた時の安全性は?気になり始めたら心配でたまらない。
 だから東洋リビングを選ぶのだ。防湿庫の心臓部である電子ドライユニットは日本製だ。家に10台ある《オートドライ》の最初期のものは33年前に購入したもの。これまで一度も壊れることなく、ずっと正確に作動を続けている。長く使うものだから「信頼」を手に入れてほしい。

 しかも、東洋リビングは先進性が高い。主力製品の《オートクリーンドライ》に採用されている電子ドライユニットは、内部に可視光応答型の光触媒と、光触媒を機能させるために必要なLED光源を搭載している。除湿だけでなく、庫内クリーン作用も併せ持っているのだ。電気代は1日1円以下と低コスト。また、機能的なデザインにもこだわりがある。2016年には《オートクリーンドライ》に業界初の電源式高照度LEDバーライトと庫内コンセントを装備して大好評を得た。
 2017年は人気のある120Lサイズに、オールホワイトボディのED−120CA(W)を新製品としてラインナップする。外観の美しさはもちろん、内側もホワイトなので庫内は明るい。しかも、電池式の人感センサーライトも装備。実用性とデザイン性を融合させている。
 また、もっと手軽に幅広い用途で除湿ができるように作られたのが《モバイルドライ》だ。コンセントに差すだけで繰り返し使える加熱再生式除湿ユニットを採用している。従来からのMD−2は年間6,000個以上の販売記録を誇る。新製品MD−5は、MD―2の2倍以上の乾燥剤を備えてパワーアップしている。カメラやレンズの保管にはもちろんバッグや靴などにも使える。湿気が溜まりがちなデスクの引き出しなども効果があるはずだ。